乾燥肌の方に気をつけていただきたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

寒くなり乾燥肌になりやすい季節になりました。
ひふが乾燥するとバリア機能が低下し、ちょっとした刺激や
温まることでひふがかゆくなりやすくなります。
日常生活で気をつけていただきたいことをあげてみました

◇入浴
入浴は40℃位のぬるま湯で。熱い湯に長く入るのはさけます。
イオウ入りの入浴剤は皮膚が乾燥するので
使用しないようにしましょう。
ナイロンタオルやスポンジでごしごし強くこすると
皮脂がとれすぎたり、皮膚が傷つくことがあります。
ナイロンタオルやスポンジは使わないようにしましょう。
からだを洗うときは,石けんをよく泡立てて、
やわらかいタオルか手でそっと洗いましょう。
入浴後はさっとからだをふいたらすぐに保湿をするようにします。

 

◇湿度
部屋の湿度は50~60%ぐらいに保ちます。
温湿度計を部屋に置き、加湿器を使用すると
湿度を調節しやすいと思います。
ぬれたバスタオルなどを部屋にかけておいたり、
大きな皿などに水をいれて室内に置くのも空気の乾燥を防ぎます。

 

◇食事
アルコール、香辛料、生姜など血行を促進する食べ物は
かゆくなりやすいのでとりすぎないようにしましょう。

 

◇衣服について
ウール、化繊など毛羽だった繊維が
直接素肌に触れると刺激でかゆくなります。
サイズが小さい下着を無理に着ると、体の動きに伴って
下着がずれてこすれ刺激になります。
サイズのあったものを着るようにしましょう。

 

このいくつかあげた中でも特に入浴時、スポンジやナイロンタオルで
ゴシゴシ洗っておられる方が多いのです...
話を聞くと「かゆいからよくこすっているのだとのこと」
かゆくてこする→皮脂がとれたり、ひふが傷つく→
乾燥肌になる→かゆみがでる→...
と悪循環になります。石けんをよく泡立てて
手でこすらないようにそ~っと洗ってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

診察の予約ができます

予約があると待ち時間が短くなりますのでご利用ください。

予約専用ページで日時を指定してとることができます。

診療予約のページをご覧下さい

 

 


診察予約はこちら

SNSでもご購読できます。