じんましん

じんましん

じんましんは
虫さされのような平たく盛り上がった痒い発疹が
沢山出るというイメージをもたれている方が多いのですが、
かいたあとが赤くすじになって
浮き上がるものもじんましんの一種です。
手提げカバンをかけた腕に
赤くすじが浮き上がったりするのもそうです。
これは人工じんましんとか機械性じんましんと呼ばれていいます。
じんましんの治療中に盛り上がった大きな発疹がでなくなり、
この状態になると治ったと思って
飲み薬を中断する方もおられますが、
まだじんましんは治っていませんので
治療は続けていく必要があります。
皮膚科ちえこクリニック
☆LINEで皮膚科・美容皮膚科情報を配信しています。

 

2015.1.7 LINE配信記事

古い魚を食べてじんましんがでたとき

古い魚を食べたらじんま疹がでたという場合、
アレルギーではないことがあります。
マグロやカツオなどの赤身魚には
ヒスチジンが多く含まれていますが、
これが細菌によって分解されるとヒスタミンが作られます。
ヒスタミンはじんま疹を起こす原因物質で、
これをある一定の量以上摂取すると症状が現れるようになります。
ヒスタミンは加熱調理してもほとんど壊れない物質なので、
古い赤身魚の摂取はさけること、
冷蔵しても早めに食べるように気をつけられるとよいと思います。
皮膚科ちえこクリニック
http://www.chieko-clinic.jp/

 

2014.9.17 LINE配信生地

じんましんについて

じんましんは虫さされのような平たく盛り上がった

赤い発疹(膨疹)ができる疾患です。
膨疹は通常1日以内に消えますが、

でたり引いたりを繰り返します。

続きを読む

じんましんについて~twitterより

◇じんましん
じんましんはでたりひいたりするので、
携帯電話で皮疹の写真を撮っておいて
見せてくれる患者さんがときおりおられます。
こんなのでてましたと。
結構みなさん上手にとってこられるので感心します。
膨疹がはっきり写っててわかりやすいんですよね~。

◇内臓が悪いと考える前に
急にじんましんがでると
内臓が悪いのではないかといわれる方がおられますが、
そうそうないことなので、まずはでる前に何を食べたか、
風邪を引いたり、体調が悪くなかったか、
何か薬を飲んだりしてなかったかなどを思い出してみましょう。