やけどについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

やけどをしたら、水道水でよいのですぐに
(服の上からやけどした場合は服の上から)15~30分ほど冷やします。
冷やすことによってやけどの進行を抑えたり、
痛みをやわらげることができます。
広範囲の場合は低体温にならないように冷やしすぎに注意が必要です。

やけど部分に薬以外のものを塗るとかぶれや細菌の感染を
起こすことがありますので、患部に油や薬などを塗らずに
すぐに受診してください。ティッシュをはると患部に
はり付いて処置が困難になる場合がありますのではらないでください。

やけどが広範囲の場合はやけどした部分の炎症で
血管内の水分が移動して減少し循環障害から血圧低下を
来す場合があります。全身管理が必要になりますので
この場合は入院施設のある病院への受診が必要です。
やけどの部位や深さにより多少異なりますが、
大人では中等度熱傷とよばれる2度のやけどが体表面積の15%以上を
越える状態になると入院適応となります。(小児では5%以上の受傷面積)

やけどは皮膚が傷害された深さによって
1度~3度にまでわけられています。
1度のやけど(表皮熱傷といいます)は
皮膚の表面に傷害がとどまっているもので
表面が赤くなっていますが水ぶくれはありません。
適切な処置をすると翌日には赤みはひいています。通常あとは残りません。

2度のやけどは表皮の下の真皮に達するやけどで
真皮浅層熱傷と真皮深層熱傷の2つにわけられています。
2度真皮浅層熱傷は患部に赤みとともに水ぶくれや水ぶくれがやぶれて
びらん(かわがむけて浅いきずになっていること)がみられます。
治療により2週間程度で皮膚がはり、なおります。
治った部分にしばらく赤みが出たり、
炎症後しみができることがありますが通常ケロイドをつくることはありません。

2度真皮深層熱傷はやけどして赤みを帯びている患部の一部が白くみえ、
その部分の痛みが鈍いかなくなっています。
深い傷(潰瘍)をつくっていき治るまで時間がかかり、
後にケロイドを生ずる可能性がありますので部位や大きさによっては
早めの植皮手術が必要になる場合があります。

3度はやけどが皮下組織にまで達して、患部がのっぺりとした白色になっているか、
黒くなっていて重症なやけどです。痛みの感覚は消失しています。
壊死部分の除去や植皮が必要になります。

やけどは初期のうち(初日~48時間後ぐらい)まで炎症をとる処置、
その後は創の状態に応じた治療が必要となります。
注意すべき事はやけどしてすぐは赤いだけで水ぶくれができてなくても、
次の日にできてくるなど後になって状態がひどくなる場合が
あり得ると言うこと、
つまりはやけど直後は深さの判断ができない場合が
往々にしてあるということです。

自己判断での加療はさけ、受診は医師の指示通りにおこないましょう。

また低温やけども初めは水ぶくれだけのようにみえても
深いやけどになっていることが多いです。
軽いと思われて、しばらく自己処置して感染を起こしてから
受診される方もしばしばあります。
早めに受診し適切な処置を受けるようにするのがこじらせないコツです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

LINEで情報を発信しています

LINEで皮膚科・美容皮膚科の情報や
クリニックからのお知らせをお届けします。
クリニックのアカウントは@chiekoclinicです。
トークから予約もできますのでご利用ください。


LINE友達追加はこちらから

SNSでもご購読できます。