緑色爪(グリーンネイル)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

緑色爪(Green nail グリーン ネイル)とは
緑膿菌が感染して緑色を呈する爪です。
爪白癬や爪カンジダ症などの合併もよくみられます。
スカルプチュアネイルやジェルネイルなどの
ネイルアートの際のトラブルとして見られることがあります。

ネイルアートをする前の不十分な消毒や、
自分の爪との間に隙間ができること、
ネイルアートで負担がかかり爪が

弱くなっていること等が、
菌が繁殖しやすくなる原因に

なると考えられています。

これらの長期間付け替えない

ネイルアートをしているときに生ずると
痛みなどの自覚症状がないため、
知らないうちに進行してしまっている場合が

あるので注意が必要です。
治療ではネイルアートを中止し、

症状に応じて外用剤や内服剤を処方します。
おかしいなと思ったら早めにご相談くださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

LINEで情報を発信しています

LINEで皮膚科・美容皮膚科の情報や
クリニックからのお知らせをお届けします。
クリニックのアカウントは@chiekoclinicです。
トークから予約もできますのでご利用ください。


LINE友達追加はこちらから

SNSでもご購読できます。