陥入爪のテーピングによる治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

深爪をすると爪の先端が皮膚に食い込んで(陥入爪)
痛みを生じたり、
爪の横の皮膚に当たって
過剰な肉芽(赤い肉が盛り上がったもの)を
作ることがあります。
陥入爪で爪の周りが膿んで腫れてきたと
いうことで来院される方、
結構この肉芽を伴っている方が多いです。


治療には様々な方法がありますが、
当院ではテーピングで爪の食い込みを
直す方法もしております。

Tume

写真のように切れ込みを入れたテープを
使用する方法と螺旋状にテープをかけ、
食い込んだ爪と爪に当たっている皮膚の間に
隙間を作る方法があります。
毎日テープを張り替える簡便な方法です。
ご希望の方はご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

皮膚疾患の詳しい情報はホームページで

クリニックのホームページで皮膚疾患の詳しい情報を発信しています。

診療案内や交通案内、診療予定などもご覧になれます。

診察予約方法の説明ページもありますのでご覧下さい。


皮膚科ちえこクリニックホームページ

SNSでもご購読できます。