日本美容皮膚科学会に行ってきました&下関旅行記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

10日と11日に下関の海峡メッセで第29回日本美容皮膚科学会が

開催され行って参りました。

山口県というと昔、萩や津和野、秋吉台などには

行ったことがあるのですが
下関は初めてかなと思います(記憶曖昧です(^^;))。


金曜の午後から出発し、JRでサンダーバード、

新幹線のぞみと乗り継ぎ
小倉から普通列車で下関駅にもどるという旅程で、
あ~6時間ぐらいかかるのかあ遠いなあと思っていましたが
それなりに時間は過ぎていき、下関に到着。
翌日学会場へ。

Bkaisi

今回にきびのセミナーを主に渡り歩いて聴いてきました。
いろんな学会でにきびのセミナーがあり、同じような話を

聴く機会も多いのですが、
繰り返し聞くと重要ポイントがわかってくると共に

知識の再整理に役立ちます。
特にディフェリンゲルの使用に関しては

開業のDr.より患者さんに処方する際に
自分はこのように説明していると刺激症状が出た場合の

説明フレーズや使用している保湿剤等の具体的な話があり、
こういう類いの話はそうそう聴く機会もないので

とても参考になりました。
診療での説明に役立てたいと思います。

話は変わりますが学会の合間に巌流島に渡ってきました。
下関駅前からバスで7分で唐戸に行き、そこから船で10分で着きます。

Gimap

Gkeiji

小さな無人島で散策道に沿って巌流島文学碑↓、

Fune

佐々木巌流之碑、武蔵vs小次郎像↓などがあります。

Mkzou

快晴だったので関門橋もきれいに見え良かったです。
ちなみに武蔵、小次郎の決闘から

来年で400周年を向かえるそうです。
1時間位で手軽に散策することができるので、
下関を訪れる機会があれば行って見られるのも

良いかと思います。

唐戸には海響館という水族館があり、そちらものぞいてきました。
おしゃれな建物で上空から見ると鯨の形になっているそう。
鯨の全身骨格標本もあり圧巻でした。

↓写真はフンボルトペンギンです

Pen

下関市内のホテルに宿泊していると
夜景を見にいく無料バスツアーが利用できることを

知りまして、本当は3日前までに予約ということでしたが、

問い合わせると空きがあるとのことで
イブニングセミナー修了後行ってきました。
火の山展望台から
関門海峡の夜景をみてきましたがとてもきれいでした。
いつまでも見ていたいような風景で。
iPhoneでうまく写真がとれず本当に残念。
というわけでパンフレットだけですが

雰囲気がおわかりになるでしょうか↓

Panf2

節電のおりで関門橋がライトアップされてなかったので
また機会があれば見に行ってみたいと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

皮膚疾患の詳しい情報はホームページで

クリニックのホームページで皮膚疾患の詳しい情報を発信しています。

診療案内や交通案内、診療予定などもご覧になれます。

診察予約方法の説明ページもありますのでご覧下さい。


皮膚科ちえこクリニックホームページ

SNSでもご購読できます。