診察の予約はこちら

爪水虫の新しい外用剤

ホームページやFacebook等でもお知らせしましたが
爪白癬(爪水虫)の新しい外用剤
クレナフィン爪外用液が処方できるようになりました。
塗る薬ですが爪への浸透性が良く
爪床(爪の下の皮膚部分)にも届き
水虫菌を殺菌するように働く薬です。
容器がユニークな形をしていて
kur1
(写真はバックが白く見にくくてすみません)
ボトルの先にハケのようなものがついていて
(棒のように見えますが、触ると柔らかかったです。)
ハケの部分を下にしてそのまま手を汚さず
薬を塗ることができるようになっています。
いままでにない形のもので面白いです。
飲み薬での治療ができない方や
飲み薬での治療をしていたけど肝機能が動いてきて
治療中止となった方にもおすすめできるかなと思っています。