診察の予約はこちら

あせもについて 

暑くなってきまして、虫刺されとあせものお子さんが
多く来られるようになっています。
 
今回は【皮膚科情報 あせもについて】を配信しました

【あせもについて】
汗の腺の出口がつまり、炎症をおこしたものが
あせもです。
 
あかちゃんや子供に多く見られ、
高熱をだしたときや夏季にできやすくなりますが、
冬でも暖房のきいた部屋で厚着を
させておくとあせもができる場合があります。
 
また、汗がひふについたのを放置すると刺激で
炎症をおこしてきますが(いわゆる汗かぶれ)
大人はこちらの症状が多いようです。
 
【あせもの症状】
おでこやわき、ひじやひざのうら、首などにできやすく、
赤いぶつぶつや汗をかいた部分が赤くなり、かゆみを
伴ったり、汗でしみる、皮膚がざらざらとするなどの症状があります。
 
【あせもの治療】
水浴びやシャワーで汗をきれいにして、
軽度の場合はあせもローションなどを塗布します。
赤くかゆい部分にはステロイドのクリームかローションを
薄く塗ります。
かゆみがひどい場合は掻きむしってとびひになるのを
防ぐため、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤などの内服をします。
 
【日常生活で注意していただきたいこと】
予防には①こまめにシャワーをあびる
    ②汗をかいたらすぐ着替える
    ③風通しの良いゆったりした衣服を着る
などを心がけてみてください。
 
特に赤ちゃんは新陳代謝が活発で体温も高く汗をよくかきます。
服は大人より1枚少なくして、
部屋の温度を上げすぎないようにしてください。
 
また、ベビーパウダーを使用される方がよくいらっしゃいますが、
汗の腺をつまらせたりパウダーの部分がじくじくして不潔になり、
細菌やカビが繁殖しやすくなる場合があるので
使用はさけるようにしてください
2014.6.7 LINE配信記事