ホームケアも上手に使いましょう~にきびケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

にきびがあるとメイクで隠そうとして厚化粧になり
それがさらに毛穴をつまらせ、悪化させる原因になると
いう悪循環に陥っている方も多いのではないでしょうか。
ピーリングなどで継続して治療をしておられる患者さんを
診ておりますと
上記の逆に
にきびがよくなる→メイクが薄くなる→
毛穴のつまりやメイクを落とすときの刺激が減る→
にきびがよくなりさらにメイクが薄くなるという
いい循環になっていく
方がやはり多いです。


赤く膿んだにきびをとにかくなんらかの治療で
ばーっと減らしてあげることが大事だなあと
よく思います。
赤く化膿したにきびを速やかに減らす方法としては
抗生物質、漢方薬などの内服や
ピーリングをするのが良い方法です。
速やかにと言っても3ヶ月ぐらい
かかる場合もありますので
効果をみながらあせらずじっくり取り組みましょう。
そして良くなったらその状態をキープするようにします。
現在は保険で予防効果のある
ディフェリンゲルが使用できますが、
ピーリング石けん(古い角質を除去し毛穴のつまりをとり
にきびをできにくくする)や

Spb

ビタミンCローション(抗酸化作用があり
皮脂の分泌を抑えたり、
にきびの赤みしみが治るのを助ける)などを

Vcl

積極的に毎日のケアに組み込んでいくのも
悪化を防ぐ方法の一つとなります。
もちろん新しいにきびが多いときにも
使用OKです。
ピーリング石けんやビタミンCローションは
いくつか種類がありますので
どれを使ったらよいかわからない方は
お気軽にご相談くださいね。

にきび治療のご相談は皮膚科ちえこクリニックへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

LINEで情報を発信しています

LINEで皮膚科・美容皮膚科の情報や
クリニックからのお知らせをお届けします。
クリニックのアカウントは@chiekoclinicです。
トークから予約もできますのでご利用ください。


LINE友達追加はこちらから

SNSでもご購読できます。