診察の予約はこちら

しもやけについて

12月もあと10日ほどとなりましたね。
今月は時間が経つのがなぜかいつもより早いように感じます。
先週末は雪が降り、寒い日が続きますのでしもやけの方も
やや多くなってきたようです。
しもやけは温度差のため局所の血行が悪くなることによりおこります。


気温が5度前後で1日の温度差が10度以上になる時期に
起こりやすいとされています。
なりやすい部位は手足の先や耳、鼻、頬などです。
症状はゆびがタル柿状に赤くなりはれたり、
丸い赤~赤紫色の発疹がみられます。
かゆみを伴う場合もあります。
症状がひどいと水ぶくれができたり、ひふがただれる場合があります。
しもやけの予防は手足や耳などなりやすい部位を
冷やさないようにすることが大切です。
外出の時は手袋、耳あてをしたり、
厚めの靴下を履くなどして防寒に努めましょう。
雪道を歩く際は長靴に中敷きを入れる方が冷えにくくなります。
水分で湿っていると冷えやすくなりますので、
手を洗ったらすぐ水分をふく、また汗などで濡れた靴下は
こまめに変えるようにしましょう。
治療は血行をよくするビタミンE、漢方薬の飲み薬やヒルドイド、
ユベラなどの塗り薬をつかいます。
かゆみが強い場合はかゆみ止めの飲み薬を内服します。
夏になってもしもやけが治らない場合や深いキズをつくる場合は
膠原病などの疾患がないかを検査をする必要があります。