手あれのスキンケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

まずは日常生活や仕事の際に手にかかる刺激を減らすようにします。
普段はなかなかなおらなかった手荒れが、お仕事の休みの時や
旅行に行っている間に良くなった経験がある方も
おられると思います。
洗剤や毛染め剤その他刺激がかかったり、皮脂を落とす原因に
なるものを扱う時はビニール手袋をするなどして直接ひふに
ふれないようにしましょう。


ハンドソープで頻繁に手を洗うのも皮脂が落ち、手荒れの原因に
なります。特にぬるま湯を使用すると乾燥しやすくなりますので
洗い過ぎをさけ、洗った後はすぐに保湿剤をつけましょう。
【ひび割れのケア】
まずは保湿ケアをこまめにしてひびわれを予防するのが大事です。
手のひらのように角質の厚い部分はいったん亀裂ができると
治るのに時間がかかります。
毎日の家事や仕事で指に力がかかると、
せっかく治りかけたひびわれも
再度開いてしまったりしてなかなか治りにくくなります。

朝晩やお風呂上がりの保湿を基本として、水をつかったあとなども
こまめに保湿剤を塗りましょう。
ヒルドイドソフト、ワセリン、サリチル酸ワセリンや尿素軟膏など
いろいろ種類がありますので塗ってみて刺激のないものを使用します。

ひびわれは亜鉛華軟膏やテープ剤、傷を保護するフィルムや
創傷被覆材などで治療できます。

ひびわれができてしまった時に痛むので絆創膏を貼られる方が
多いのですが、ふやけてよけいに荒れたり、
カビが繁殖する原因になることが有るのではらないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

LINEで情報を発信しています

LINEで皮膚科・美容皮膚科の情報や
クリニックからのお知らせをお届けします。
クリニックのアカウントは@chiekoclinicです。
トークから予約もできますのでご利用ください。


LINE友達追加はこちらから

SNSでもご購読できます。