にきびのケミカルピーリング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Cp1

サリチル酸マクロゴールやグリコール酸などのケミカルピーリングは、
弱い酸をひふに塗ることにより古い角質がとれ、毛穴のつまりが解消されるので、
にきびの治りを早めたり、にきびがでにくくなります。
ひふの新陳代謝が促されるので
にきびあとの赤みやしみを薄くするのにも良い治療です。

ひふが敏感で乾燥しやすい方はサリチル酸マクロゴールによる
ピーリング、よりしみを薄くしたい場合はグリコール酸+乳酸の
ダブルピーリングをしています。

ピーリングの方法はおおまかにいうと
洗顔→ピーリング剤を塗って数分おく→ピーリング剤を拭き取って洗顔する
というものでとくに痛みなどはありません。
肌状態にもよりますが、サリチル酸マクロゴールのピーリングは月1回、
グリコール酸+乳酸のピーリングは2週間に1回で繰り返しておこないます。
ピーリング後は紫外線防止に気をつけていただきます。

膿んだにきびがあるとできないのですかというご質問を良く受けるのですが、
新しいにきびや化膿したにきびがあってもすることができます。
保険外治療となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

LINEで情報を発信しています

LINEで皮膚科・美容皮膚科の情報や
クリニックからのお知らせをお届けします。
クリニックのアカウントは@chiekoclinicです。
トークから予約もできますのでご利用ください。


LINE友達追加はこちらから

SNSでもご購読できます。