診察の予約はこちら

固定薬疹について

お薬を飲んで発疹がでるというと、
全身に赤い発疹がでると
思われる方が多いかもしれませんが、
固定薬疹といって、
同じ薬を繰り返し飲むと、
そのたびに体のある同じ部分が
赤くなった後、
灰褐色調の色素沈着が残る
タイプのものがあります。

薬を飲んだ後、
すぐに発疹が出なかったり、
1回でた後、同じ薬を飲んでも
反応しにくくなる期間があるため、
薬が原因だということに
なかなか気づかれないことが
あるようです。

シミと間違われている場合もあります。

鎮痛解熱剤や総合感冒薬で
起こることが多いですが、
去痰薬である
カルボシステイン(ムコダイン)
での報告例が増えています。

風邪を引きやすい時季、
思いあたる発疹があればご相談ください。