もりあがったホクロの治療について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ホクロ処置はやはりきずあとを気にされることが多いのですが

手術と炭酸ガスレーザーでの治療で

より自然に目立たなくなるのはやはり炭酸ガスレーザー治療の方に

軍配が上がると思います。

ただ、手術でもそうですが

炭酸ガスレーザーで治療の場合も

ホクロの大きさが小さければ小さいほど傷跡は

目立ちにくくなります。

ある程度大きいホクロの場合は

傷を目立ちにくくする方法として、いくつかの工夫があるのですが

いっぺんに炭酸ガスレーザーで蒸散せず2回ぐらいに分けて

治療する、例えば

1回目は少し陥没する程度に蒸散の深さを抑え、

傷が治るのを待ち、

その後残りを処置するという方法で

傷のへこみをおさえたりします。

大きなホクロを縁の方から分割して

治療するのも同様に行います。

悪性所見のないホクロに限り行う方法ですが

ご希望により、このように治療を進めることがあります。

少しでも傷が小さくなるように。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

診察の予約ができます

予約があると待ち時間が短くなりますのでご利用ください。

予約専用ページで日時を指定してとることができます。

診療予約のページをご覧下さい

 

 


診察予約はこちら

SNSでもご購読できます。