メラノーマ(悪性黒色腫)に多い特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

俗にホクロのガンなどといわれているメラノーマ。
日本人は足の指や裏に発生することが多いのですが、
足の裏にホクロがあるからといって
即メラノーマというわけではありません。

メラノーマに多く見られる特徴として、
次のような事があげられています。


1. 成人以後に気づかれることが多い。

2. 初めはもりあがりのない
色素斑状(ホクロやしみのような)の皮疹だが、しだいに拡大しもりあがってくる。
進行すると表面がただれたり、潰瘍(深いきず)化してくる。

3.最大径が7ミリ以上のことが多い。

4.左右非対称性で不規則な形をしていて、鋭角状の切れ込みがみられることがある。

5.黒褐色の色調が均一でなく、濃淡の差がある部分が見られる。

6.境界線がはっきりしている部分とぼんやりした部分がある。

これがあるから、あるいはそうでないからと
いって必ずしもメラノーマである、そうでないというものではありませんが、
疑うときの特徴として参考になるポイントです。

心配なホクロ様の発疹があればご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

皮膚疾患の詳しい情報はホームページで

クリニックのホームページで皮膚疾患の詳しい情報を発信しています。

診療案内や交通案内、診療予定などもご覧になれます。

診察予約方法の説明ページもありますのでご覧下さい。


皮膚科ちえこクリニックホームページ

SNSでもご購読できます。