帯状疱疹について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

帯状疱疹は水痘帯状疱疹ウイルスが原因でおこります。
子供の頃などに水痘(みずぼうそう)に罹って治ったときに

神経節にウイルスが残ります。
風邪を引き体調が悪かったり、過労やストレスなどが

きっかけとなり免疫力が低下すると潜んでいたウイルスが

再活性化して帯状疱疹を発症します。

50歳から70歳位の高齢の方に多くみられますが、

すでにみずぼうそうにかかっていれば誰でもなる可能性があり、

子供でもなる場合があります。
胸から背にでることが多いですが顔や頭にもおこります。
神経の走向にそって通常体の片側に帯のように発疹が出てきます。

はじめは発疹がでず、ピリピリとした神経痛のようなの痛みのみの

ことも多く、しばらくしたら痛みのあった部分に赤いぶつぶつや

水ぶくれができてきて帯状疱疹と気づかれる場合も多いです。

初期の頃は痛みのために湿布を貼り、出現した発疹を

湿布のかぶれなどと間違われて来院される方もよく経験します。
赤い発疹→水ぶくれ→かさぶたとなってなおります。
神経痛を伴うことがあり、それが長く続くこともあります。

治療は抗ウイルス剤の飲み薬を使います。

症状がひどかったり免疫力が低下している患者さんは

入院の上点滴加療する場合もあります。

塗り薬は皮膚の状態に応じて使用します。
神経痛には痛み止めやビタミン剤、漢方薬などを使用します。
近年帯状疱疹後神経痛の治療にリリカカプセルが

使用されるようになっています。

早い時期での治療開始が神経痛を残さないためにも大切です。
おかしいなと思ったら早めに皮膚科を受診してください。

Genn

写真はかなり昔に出先の病院で看護師さん向けに

帯状疱疹の講義をした際に作成した資料です。

部屋の片付けをしていたら発見しました。

昔のものなので使用薬剤が古いというか

少し廃盤になっているものもあります。

赤字の書き込みは自分がしゃべることのアンチョコですね、

コレは(^^;) ちょっと懐かしい品です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

診察の予約ができます

予約があると待ち時間が短くなりますのでご利用ください。

予約専用ページで日時を指定してとることができます。

診療予約のページをご覧下さい

 

 


診察予約はこちら

SNSでもご購読できます。