脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

脂漏性皮膚炎は頭皮がかゆい、ふけがでるとの
訴えで受診されることが多いのですが
赤くかさかさとしてかゆみをともなう発疹が
頭皮以外に
おでこ、鼻のまわり、耳や首、わき、上背部や
上胸部などにもみられることがあります。
いわゆる脂漏部位(皮脂腺がよく発達して
皮脂分泌がさかんな部位)に生じる湿疹の1種です。

原因は皮脂の過酸化脂質などの分解産物により
皮膚が刺激され皮膚炎を起こすことと
考えられています。

また真菌(カビ)の一種で脂が多い環境を好む
マラセチアが皮脂を分解して
菌の産生する酵素や誘導された炎症起因物質が
皮膚を刺激することも関与していると考えられています。

診断は皮膚症状と発疹のでている部位を参考にして
おこないますが、尋常性乾癬やかぶれなどの
疾患との鑑別が必要です。
また白癬やカンジダなどの真菌感染症との
鑑別のためカビの有無を調べることがあります。

治療は炎症をおさえるステロイド外用薬や
抗真菌剤であり、炎症を抑える作用もある
ケトコナゾール外用剤を使用します。
ケトコナゾール配合の洗髪料が市販されており、
ホームケアとして有用です。

かゆみが強い場合は抗ヒスタミン剤や
抗アレルギー剤の内服をします。

皮脂分泌のコントロールのため
ビタミンB剤の内服をする場合があります。

成人の脂漏性皮膚炎は症状を繰り返して経過が
長くなることが多いので生活習慣にも注意して
根気よく治療していく必要があります。

日常生活では次のことに気をつけましょう。
・頭皮は刺激のない洗髪料で洗い、
清潔にするようにしましょう。

・ふけを落とそうとして一生懸命こすると
刺激でよけいに炎症をおこしてしまいます。
ふけは皮膚の炎症が治まるとでなくなります。
お薬をきちんと塗るようにしてください。

・油っこい食事やアルコールを過剰にとらないようにして、
バランスよく食事をとるようにしましょう。

・睡眠不足やストレスは避け、十分に休養をとるようにしましょう。

高岡市 皮膚科・美容皮膚科 皮膚科ちえこクリニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

皮膚疾患の詳しい情報はホームページで

クリニックのホームページで皮膚疾患の詳しい情報を発信しています。

診療案内や交通案内、診療予定などもご覧になれます。

診察予約方法の説明ページもありますのでご覧下さい。


皮膚科ちえこクリニックホームページ

SNSでもご購読できます。